TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAD > デキるエンジニアのCAD 設計
レポート

アイティメディア株式会社

デキるエンジニアのCAD 設計

設計の概念を勘違いしているならば、CAD を使う意味もなく、残業続きの日々に。設計の 考え方を根底から見直そう。MONOist人気連載の第1回目から第5回目までを収録。

要約

 皆さんは、製品開発の中で何に気を付けて設計をしていますか?「要求された機能や品質(Q)を満足すること、要求されたコスト(C)を満足すること、要求された納期(D)に間に合わせることなど、すべてに気を使っている!」 といわれることでしょう。確かにQCD は、製品開発の中で最も重要な項目です。しかし、このQCD も効率よく達成しなければ何度も設計をやり直すことになり、毎日夜遅くまで残業し、毎週のように休日出勤をする羽目に陥ります。

 効率よく設計を進めるために、以下の項目に留意することが重要です。

1. 製品開発の業務の流れ全体を把握する
2. 設計作業の中で分類される「構想設計」「詳細設計」の役割を明確に区別する
3. ツールとしてCAD を有効に使う
4. 機械製図の重要性を知る
5. 3次元CAD を有効に使う

 2次元CAD は線の集まりとしか認識できないのに対し、3次元CAD は物体として認識できることが、両者の決定的な違いです。この特徴を生かして有効に使うことで、大幅な開発期間の短縮が図れます。上記の5つの項目を、「デキるエンジニアのCAD 設計」としてお届けいたします。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/11/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間37ページ
ファイルサイズ1.55 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け