TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込み開発ツール > 「ISO26262」の管理プロセスと検定プロセスを読み解く
レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

「ISO26262」の管理プロセスと検定プロセスを読み解く

自動車分野向けの機能安全規格「ISO26262」。本稿では、システム開発、ハードウェア/ソフトウェア開発など、ISO26262に準拠した開発プロセス全般と関係してくる「ISO26262 Part.8 支援」の中でも、日本のソフトウェア業界が苦手とする管理プロセスと、注目されているものの実施が難しい検定プロセスについて取り上げる。

要約

 日本のソフトウェア業界では、顧客からの要求を定義できず、曖昧な要求のまま開発契約を結んでしまい、後から仕様変更が多発して、結果プロジェクトが失敗してしまう……という傾向がよく見られる。

 また、要求変更に対する変更管理の対応モレによって、某社の証券管理システムがシステムダウンするなど、日本のソフトウェア業界は、意外と管理プロセスを苦手としている。

 これに対して、欧米では「CMMI」「SPICE」「ISO」などに基づいて、契約と管理プロセスを実施することによって、受注側の防衛や人的エラーを最低限にする手法がとられている。本ブックレットでは、自動車機能安全規格「ISO26262」対応で重要な“管理プロセス”と、そのプロセス実現のための開発支援ツールの採用ポイントについて解説する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/02/26
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ1.11 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け