TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込み開発ツール > もう待ったなし!! 本格化する「ISO26262」対応要求にどう応える?
レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

もう待ったなし!! 本格化する「ISO26262」対応要求にどう応える?

自動車向け機能安全規格である「ISO26262」の正式発行から1年以上が経過した。国内の自動車業界の対応状況を紹介するとともに、どうしたらISO26262対応を無理なくスムーズに進められるのか、日本IBMがこれまで支援してきたISO26262対応のベストプラクティスについて、ユーザー事例を交えて紹介する。

要約

 国内自動車業界のいま、ISO26262対応の実情は?

 自動車向けの機能安全規格「ISO26262」が正式発行(2011年11月)されてから1年以上が経過した。現在の国内自動車業界の対応状況に目を向けてみると、自動車メーカー各社と大手ティア1サプライヤが先行する形で、ISO26262準拠に向けた環境整備を加速させている。その一方で対応の遅れがみられるのが、中小規模のティア1およびティア2以下のサプライヤだ。
 
 業界屈指の採用実績を誇る要求管理ツール「Rational DOORS(DOORS)」や構成・変更管理ツール「Rational Team Concert(RTC)」など、ISO26262に対応する開発管理ツールチェーンを提供し、自動車業界のISO26262対応を支援してきた日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、これまでの活動を通じて“ISO26262対応の実情”をつぶさに捉えてきた。

 その立場から、日本IBM ソフトウェア事業 ラショナル・クライアント・テクニカル・プロフェッショナルズのマネージングコンサルタントを務める根城寿氏は「正式発行から1年以上経過した今でも、取り組み切れていない中小規模のサプライヤは多い。また、先行して規格準拠に向けた体制を整備してきたティア1サプライヤの中でも、うまく成果を出せていないところがある」と指摘する。

 どうしたらISO26262対応を無理なくスムーズに進められるのか。日本IBMがこれまで取り組んできた支援活動とユーザー事例を交え、指摘のような状況に陥らないための方向性を示す。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 「IBM Rational DOORS」について、ご要望がございましたらお聞かせください。(任意)
Q6. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/03/14
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け