TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込み開発ツール > ISO26262対応、そしてプロセス改革へ。電動パワーステアリング大手ジェイテクトのアプローチを紹介
事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

ISO26262対応、そしてプロセス改革へ。電動パワーステアリング大手ジェイテクトのアプローチを紹介

電動パワーステアリング大手の株式会社ジェイテクトが、ISO26262対応のためにIBM Rational ソリューションを選択したのはなぜか。そしてその先に見えたものは何か。

要約

 電動パワーステアリング大手の株式会社ジェイテクト(以下、ジェイテクト)は、欧州の顧客からの要求に応じるため、早くからISO 26262への対応に取り組んできた。現在、IBM Rational DOORS、IBM Rational Team Concertなどのツールを製品ライフサイクルのプロセスに適用し、国際規格に準拠する開発体制を築いている。

 ISO 26262では、IEC 61508での指標Safety Integrity Level(以下、SIL)を自動車向けに改訂したAutomotive SIL(以下、ASIL)がリスク定量化のために使用される。ジェイテクトが開発する電動パワーステアリングのシステムの場合、例えば運転者のハンドルの操作を感知しているトルクセンサーが故障すると、モーターが勝手に動き出すセルフステアが起きて自動車事故につながる。このため、電動パワーステアリングに対するASILのランクは、最も厳しい「ASIL D」となっている。

こうした厳しい安全基準を満たしながら、高い品質と生産性が求められる車載ソフトウェア開発においては、複雑に絡み合う要求や要件を人手で管理するのはもはや限界にあり、いかにツールを有効活用できるかが成功の鍵となる。ジェイテクトはさらに、ISO26262対応はもちろんのこと、従来から課題であった手戻りをいかに削減するかをつきつめた。そして、改善すべき点を次の2つに集約した。1つめは、「手順を踏んで正しいやり方で仕事を進めること」。2つめは、「リスクをある確率以下に抑えるために定量化すること」。

 これらの改善点をどのように実行するのか、そして、なぜIBM Rational ソリューションを選択したのか。機能安全規格ISO26262準拠とプロセス改革のポイントを探る。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 「IBM Rational DOORS」について、ご要望がございましたらお聞かせください。(任意)
Q6. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/03/25
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.06 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け