TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > コンピュータ・周辺機器/通信機器 > 無線設計の不具合を見つけ出せ スペアナの進化が視界を広げる
レポート

アイティメディア株式会社

無線設計の不具合を見つけ出せ スペアナの進化が視界を広げる

一般家庭に無線機器があふれ返る現代。機器メーカーは、標準規格に準拠した半導体チップやモジュールを利用すれば、比較的容易に無線機能を組み込める。しかし規格の林立や機器の複雑化などで、無線設計の不具合からは簡単に逃れられないのが実情だ。

要約

 現代の無線環境には、以前とは比較にならぬほどさまざまな通信方式の多種多様な電波が飛び交っている。設計者にとって未知の電波が、通信を妨げるノイズになる可能性がある。さらに、携帯電話機に代表されるように、機器自体の多機能化も著しい。つまり、1台の小型機器にさまざまな通信方式の無線回路がたくさん詰め込まれている。そのため、各無線間の干渉や、高速で動作するデジタルチップが放射する高周波ノイズの影響を受ける危険性もある。無線通信にとっては、非常に厳しい環境だといえるだろう。

 こうした背景から、無線設計者は、次のような状況に直面することになる。すなわち、市販のチップやモジュールを使って実装はしてみたものの、仕様通りの特性が得られない。あるいは通信が途切れてしまう。しかも、何かしら特定の条件でそうした現象が間欠的に出ているようだ。しかし、その条件が見えてこない。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ1.24 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク