TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > コンピュータ・周辺機器/通信機器 > 「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界
レポート

アイティメディア株式会社

「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界

2012年以降に実用化されるデータ伝送速度が1Gビット/秒超の高速無線LAN。既存のIEEE 802.11nに比べて大幅な高速化が図られている。そこにはどのような技術が採用されているのか? 「IEEE 802.11ac」と「IEEE 802.11ad」の高速化を支える技術的な側面に焦点を絞って解説しよう。

要約

無線通信技術の「進化」と「革新」

IEEE 802.11acとIEEE 802.11adの高速化を支えた、技術的な側面に焦点を絞って解説。
IEEE 802.11acやIEEE 802.11adは、いかにして高速化を図ったのか。そこには、無線通信技術が脈々と培ってきた「進化」と、今までになかった「革新」がある。

 要素技術の観点で言えば、無線通信のデータ伝送速度を大幅に高める方法は、それほど多くない。基本的には、「(1)帯域幅拡大」、「(2)変調信号の多値化(1回の変調で伝送できる情報量を増やす)」、「(3)空間リソースの活用(空間多重化、空間分割多元接続)」の3つだ。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/05/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ1.31 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け