TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > コンピュータ・周辺機器/通信機器 > IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい
レポート

アイティメディア株式会社

IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい

Bluetooth技術のカンファレンス「Bluetooth World」が米国で開催された。BluetoothとZigBeeはよく比較されるが、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothの勢いの方が強いようだ。

要約

 2014年4月8日〜9日に米国カリフォルニア州サンノゼにおいて、Bluetooth SIG主催のカンファレンス「Bluetooth World」が開催された。会場を見て回ると、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothがZigBee(IEEE 802.15.4)などよりも広く採用されているという印象を受けた(関連記事:Bluetoothの新用途が続々登場、2018年には対応機器が320億個に)。

 またBluetooth Worldでは、Bluetooth向けのメッシュ技術の開発が着々と進んでいるという点にも注目が集まった。英国のCSRは、同社が2014年2月に発表したBluetooth技術「CSR Mesh」を使ったデモを披露し、複数の照明を点灯させた。CSRのフェローであるRobin Heydon氏は、「CRS Mesh技術は、1つのネットワークと複数の相互接続ネットワークに対して、最大6万5000ノードをサポートする。Bluetooth 4.1との互換性も備える。ただし、最大データ伝送速度(Mビット/秒)で動作することはできない」と述べている。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/05/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ963 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け