TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > 生産管理 > コア技術の現地開発に乗り出す日産、重い腰を上げたトヨタの本気度
レポート

アイティメディア株式会社

コア技術の現地開発に乗り出す日産、重い腰を上げたトヨタの本気度

グローバル開発・製造に向けた自動車メーカーの動きを読む。

要約

 世界第1位となった中国自動車市場における競争では各国メーカーがしのぎを削っており、日産が目標を達成するプロセスは楽ではないだろう。東風日産は、現在第4位をキープしているものの、第5位の北京現代と第8位の東風起亜の韓国現代自動車グループは合計106万3316台を売っている。現代グループ全体では既に日産を追い越している上、さらに中国事業を強化する構えだ。一汽VWもこれまでは揚子江以北の「河北地区」に生産拠点を構えていたが、南部の広東省にも近く新工場を建設し、東風日産の牙城に攻勢をかけてくる。

 中国自動車市場は伸びが鈍化したといわれながら、巨大なパイを奪おうと、世界の強豪メーカーがひしめき合う「主戦場」である。だから日産は現地の生産能力を拡大し、市場の動きに俊敏に対応する体制を整えている。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/06/23
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ948 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け