TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAD > 「デスクトップ仮想化」は製造業の設計・開発環境にどこまで浸透しているのか?読者調査リポートを公開
レポート

アイティメディア株式会社

「デスクトップ仮想化」は製造業の設計・開発環境にどこまで浸透しているのか?読者調査リポートを公開

製造業で「デスクトップ仮想化」は本当に仕事で使えるのか?設計・開発環境におけるデスクトップ仮想化に関する読者調査を実施した。本リポートではその導入状況、メリット、今後の導入意向などについてまとめている。

要約

 製造業における「設計・開発環境のデスクトップ仮想化」はどこまで進んでいるのか。またその導入効果は――?

 アイティメディアでは2014年6月20日から2014年6月30日にかけて、「設計・開発環境のデスクトップ仮想化」に関する読者調査を実施した。本リポートでは、デスクトップ仮想化・GUI仮想化の導入状況、メリット、今後の導入意向などについてまとめている。

目的:製造業における「設計・開発環境のデスクトップ仮想化」に関する動向について調査するため
方法:Webによるアンケート
調査対象:MONOist、EE Times Japan、EDN Japan メールマガジン会員
調査期間:2014年6月20日〜6月30日
有効回答数:150件


会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/07/29
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間25ページ
ファイルサイズ710 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け