TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAD > 5分で分かる!知っておくべき「CAD仮想デスクトップ環境」のいま
技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

5分で分かる!知っておくべき「CAD仮想デスクトップ環境」のいま

GPU仮想化でCAD環境がガラリと変わる!?メジャーなCADベンダーが次々と仮想化環境に対応する姿勢を打ち出しているなか、ワークステーションに代わる新しいプラットフォームが登場している。

要約

今、CADの世界に大きな変化の波が押し寄せようとしている。

CADのプラットフォームとしてはメインフレーム、UNIXマシンが一般的だった時代を経て、
1990年代後半からはWindowsワークステーションが主流になった。

以来、15年以上にわたり、CADのプラットフォームについて大きな変化は起きていない。

そんな中で、次の大きな潮流が見え始めている。それがGPU仮想化である。
15年の間に進んだネットワークの広帯域化は目を見張るものがある。
仮想化技術は 近年、目覚ましい進化を遂げている。
加えて、メジャーなCADベンダーが次々と仮想化環境に対応する姿勢を打ち出している。

本資料では、これまでのCAD用ワークステーションの利用環境の課題を整理し、
その抜本的な解決策を示す。これからの設計・開発環境の大きな変化に備えて知っておくべき
Intel Xeon プロセッサー E5ファミリーを搭載するx86サーバーで展開する
「CAD仮想デスクトップ環境」について紹介する。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社、ビジネス・パートナーはIBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望の方法をお知らせください。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/09/08
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.60 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け