TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > 製造業向けクラウド > 8年蓄積した渋滞データ、どう使う?パイオニアが選んだ分析基盤とは
事例

トレジャーデータ株式会社

8年蓄積した渋滞データ、どう使う?パイオニアが選んだ分析基盤とは

カーナビなどの車載機器で実績を持つパイオニアは、パートナーとの連携を深め、業界に先駆けて蓄積しているビッグデータから新たなサービス創出をめざす。

要約

 パイオニアでは、2006年にプローブ情報(自動車の走行履歴や各種のセンサーデータなど)を活用した独自のネットワークシステム「スマートループ」を立ち上げ、業界に先駆けてビッグデータ活用に取り組んできた。
また2013年には、自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を構築。スマートフォン向けにもクラウド型ナビゲーションサービスを開始し、車載機器だけでなく、スマートフォンから得られるデータの解析処理による高精度なプローブ渋滞情報を提供している。

 こういった形で、さまざまな事業者のサービスと、自社の自動車向けクラウド基盤の提携による渋滞解消や環境対策、安全運転支援システム、CRM活用、自動運転技術への応用など、新たなサービスを生み出すことを狙っているパイオニアだったが、そこにはデータに関するいくつかの課題があった。

 このホワイトペーパーでは、パイオニア カーエレクトロニクス事業統括部 岩堀氏へのインタビューをもとに、ビッグデータを活用したサービス構築のための課題と、その解決方法として採用したビッグデータ分析基盤について紹介する。

車載機器に限らず、IoT(モノのインターネット)によるビッグデータを活用した製品・サービス開発を考える製造業担当者には、ぜひ一読頂きたい事例だ。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/11/17
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.28 MB
対象業種製造、農林水産
対象企業規模大企業