TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 3Dプリンタ > 眼鏡メーカーが究極の多品種少量生産に挑戦、3Dプリントモデルがそのまま最終製品に
事例

アルテック株式会社

眼鏡メーカーが究極の多品種少量生産に挑戦、3Dプリントモデルがそのまま最終製品に

銀座で測って鯖江で作る!? 3Dプリンタと3Dスキャナを駆使して“最終製品”を出力。

要約

福井県鯖江市を拠点にファブレスメーカーとしてメガネフレームの企画、販売を手がけるボストンクラブ。「日本製にこだわり、地元に根ざしたものづくり」が企業理念だ。

今回、同社は新たに展開するサービスブランドは「GLASS LAB」では3Dプリンタを活用して、顧客の顔の形や大きさにぴったりフィットした特注のメガネフレームを提供するというサービスを実施する。その方法とは?

眼鏡業界に新たな風を吹きこむ同社の取り組みを紹介する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/02/19
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2 ページ
ファイルサイズ358 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け