TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAD > 3次元データ業界の2013年 ハードウェア編/ソフトウェア編
レポート

アイティメディア株式会社

3次元データ業界の2013年 ハードウェア編/ソフトウェア編

3D-GAN理事 水野操氏が考える「3次元データ業界の2013年」とは。

要約

 3次元プリンタがメインの「ハードウェア編」と、CADやCAEなどがメインの「ソフトウェア編」に分けて考察しました。

 一般メディアによる3次元プリンタ関連の報道では、3次元プリンタがあたかも「魔法の道具」のように――全ての加工機に取って代わってしまうがごとく紹介されてしまい、さまざまな誤解を含んで情報が伝わってしまった部分が多少あったようです。しかしこのおかげで、3次元データに関連するテクノロジーに、一般の方々の関心が向いたといえます。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/02/24
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ1.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け