TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAE > CAE技術の業界動向〜自動車、産業機器、家電業界で活用される解析〜
レポート

アイティメディア株式会社

CAE技術の業界動向〜自動車、産業機器、家電業界で活用される解析〜

CAEによる設計効率化を強く後押しする「PCクラスタ」とは、いったいどういうものなのか。PCクラスタの性能を見極めるポイントは?

要約

 CAEにおける PCクラスタの活用がいま注目されている。近年、HPC(High Performance Computing:高性能計算)を使ったCAEが一般企業の製品開発に導入されるケースが増えているが、その普及の立役者が PCクラスタなのだ。HPC の世界をより身近にし、CAEによる設計効率化を強く後押しする PCクラスタとは、いったいどういうものなのか。

 PCクラスタはその名のとおり、複数のコンピュータ(PC、PC サーバ)をブドウの房(クラスタ)のようにネットワークで接続したもの。CAE における PC クラスタは、解析計算を高速に行うために複数の PC サーバで並列処理させるシステムのことだ。

 高性能な PC サーバを高速ネットワークで複数接続し、大量の演算処理をそれぞれの上で分散・並列処理することによって、システム全体としてはスパコン(スーパーコンピュータ)並みの高性能を発揮し、さらにスパコンよりもはるかに安価で実現できる。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/03/18
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ1020 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け