TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > ソフトウェアテスト/デバッグ > 静的解析ツールに必要な「3つの基本要素」とは
技術文書

アイティメディア株式会社

静的解析ツールに必要な「3つの基本要素」とは

本当に役立つ静的解析ツールは?その判断基準と事例

要約

 静的解析ツールは、ソフトウエア・プログラムを実行することなく、そのソース・コードをチェックして、不具合を開発者に知らせるものだ。 中には、プログラムの欠陥数を減らすためだけでなく、セキュリティ脆弱(ぜいじゃく)性の検出にも利用できるものもある。

 静的解析ツールに求められる機能すべての静的解析ツールが同じように役に立つものとは限らない。業務で使う静的解析ツールを評価するときに考慮すべき「3つの基本要素」がある。ACCESS、三菱電機の事例とともに紹介する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/06/16
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.20 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け