TechFactory > ホワイトペーパー > 節電・蓄電・発電 > 電気自動車関連(部品/材料含む) > 重量28トンの特殊車両に蓄電池を採用した3つの理由
事例

アイティメディア株式会社

重量28トンの特殊車両に蓄電池を採用した3つの理由

背中に100トン、電池で動く特殊車両。電気自動車が求められる理由とは。

要約

 大型の車両にも電気自動車化の波が伝わり始めた。

 GSユアサは日本車輌製造にリチウムイオン蓄電池システムを納入。105トンを積載可能な特殊車両がプラグインハイブリッド車として走行する。日本車輌製造によれば新規市場開拓に欠かせない車だという。

 同社がキャリアに蓄電池を採用した3つの理由などを交えながら、大型車の電気自動車化事例を紹介する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/06/22
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ898 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け