TechFactory > ホワイトペーパー > 節電・蓄電・発電 > 蓄電システム > 積水ハウスが宮城県の東北工場ではじめた「防災未来工場化計画」とは
事例

アイティメディア株式会社

積水ハウスが宮城県の東北工場ではじめた「防災未来工場化計画」とは

積水ハウスは、主力工場に省エネと防災の機能を持たせる「防災未来工場化計画」を開始した。

要約

 積水ハウスは宮城県の東北工場で、「防災未来工場化計画」を開始した。発電機や大容量蓄電池を導入してエネルギーの自立を進め、省エネルギーに役立てる。平常時だけではなく、災害時に役立てることも目標だ。

 工場に閉じた計画ではなく、地域と連携して計画を進めていく。

※本資料はスマートジャパン記事をまとめたものです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/06/29
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ898 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け