技術文書

アイティメディア株式会社

「USB3.1」に対応するための試験とは

最新USB規格である「USB3.1」に対応するための試験について解説する。今回は、10Gビット/秒の高速データレートに対処するための課題を洗い出しながら、トランスミッタとレシーバのプレコンプライアンス試験の概要を紹介しよう。

要約

 「SuperSpeed USB3.1」はUSBというポピュラーなインタフェースの最新バージョンとしての地位を徐々に占めつつある。

 USB3.1はデータ転送速度をUSB3.0の5Gビット/秒から10Gビット/秒に高速化する。この高速化とともに、128b/132bエンコーディングや非常に複雑なイコライザの導入といった変更が加わったことから、USB3.1の全体設計は複雑化を増し、PHY(physical layer、物理層)の検証やデバッグに新たな挑戦的課題が生まれてきた。さらに、最近になって、改訂版のUSB Power Delivery2.0規格、新方式のリバーシブル型コネクタのUSB Type-C規格が発行された。

 本稿は全3回連載の初回であり、10Gビット/秒に達するデータレートに対処するための課題を概観し、トランスミッタとレシーバのプレコンプライアンス試験の概要を解説する。

※本資料はEDN Japanの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/07/07
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ896 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け