TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > 生産管理 > 産業用ネットワークの基礎「ORiN 入門編」
技術文書

アイティメディア株式会社

産業用ネットワークの基礎「ORiN 入門編」

スマートファクトリーやインダストリー4.0など「つながる工場」を実現するカギとも見られる、工場情報システム用ミドルウェア「ORiN(オライン)」

要約

 つながる――。それは現代社会において、当たり前の環境となっている。

 パソコンや携帯電話端末、家電製品などつながる領域は増すばかりだ。この「つなげよう」という流れは工場(FA機器)においても広がりを見せている。新たに「つながる工場」を実現することで、従来では考えられなかった抜本的な生産効率を実現できるようになるからだ。

 しかし、それぞれの機器やシステムの壁が高くサイロ状態に陥っている工場(FA機器)で「つながる」ことは、実は容易なことではない。その壁を突き破る“カギ”として今注目を集めているのが「ORiN(オライン)」だ。

 本稿では、ORiNが注目を集めるようになった背景や、その技術的な内容、活用シーンなどを紹介する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/08/03
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ853 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け