TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > 図面管理/文書管理 > PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク
技術文書

アイティメディア株式会社

PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク

自社の製品開発戦略をあなたはしっかり把握しているだろうか?マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考える

要約

 「うちはPLMシステムを持っているけど使い方はPDMどまりです」ということは無いだろうか。これは非常にもったいない。が、良く聞くケースでもある。

 PLMシステムは本来、製品情報を一元管理し、モノづくりにかかわる人たちに正しい情報を適切なタイミングで部門に応じた形で提供することで、モノづくりのコンカレントエンジニアリングを推進する情報基盤として使われるべきものである。

 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がない。本資料では、「PLMシステム改善PJ担当者のための覚書」と題し、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていく。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/10/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ925 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け