TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAE > CAEはクラウドへ 重要なのは「計算」ではなく「結果を見ること」?
技術文書

アイティメディア株式会社

CAEはクラウドへ 重要なのは「計算」ではなく「結果を見ること」?

CAE業界において、クラウド化という新たな動きが進みつつある。その背景やクラウド化の際に生じる課題、先行する欧米の状況などについて、CAEベンダーのヴァイナスに聞いた。

要約

 CAEについては過去40年ほど間でメインフレームへの集中や分散処理型の採用などの流れがあったが、現在のうねりの1つはクラウドサーバだ――。

 ヴァイナス代表取締役社長の藤川泰彦氏は、近年のCAE事情をこう説明する。

 研究所や企業の研究開発部門などにおける最先端の解析研究では、現象をより正確に理解するため、高い解析精度が追求される。そのため計算量は増加の一途をたどっている。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/11/04
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ733 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け