TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > 図面管理/文書管理 > 個別受注生産型の企業がリードタイムを短縮する4つのポイント
技術文書

アイティメディア株式会社

個別受注生産型の企業がリードタイムを短縮する4つのポイント

個別受注生産企業の業務カイゼンはどうあるべきか。エンジニアリングチェーンから読み解くリードタイム短縮、競争力強化の処方箋を紹介する

要約

 日本の製造業はグローバルな競争にさらされている。そのなかで受注生産品の商談の場合、発注から納入までのリードタイムが、発注先選定のポイントになる場合が多い。

 たとえばヨーロッパの顧客の商談で、日本の製造業が国内で製造するケースと、ヨーロッパのローカルベンダがヨーロッパで製造するケースを想定してみよう。設計と生産プロセスの実力が同じであると仮定すると、日本の製造業は物流リードタイム分が不利になる。従って、日本の製造業は、物流以外のほかのプロセスでリードタイムを短縮できるように努力する必要がある。つまり、日本で生産している製造業が海外のローカルベンダと対等に競争するためには、設計と製造のリードタイムの短縮を実現することが必須要件になっている。

 しかし、そこで日本の製造業における「図面文化」がボトルネックになっている可能性がある。その問題点の整理と、解決策について検討する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2015/11/04
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ954 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け