TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAE > MRJの機体設計においてシミュレーションはどう活用されたのか
技術文書

アイティメディア株式会社

MRJの機体設計においてシミュレーションはどう活用されたのか

CAE 最前線 ― MRJ 事例に見る航空機設計でのシミュレーション活用

要約

 設計におけるさまざまな場面でコンピュータ・シミュレーションが活用されているが、中でも最先端のシミュレーション技術が活用される分野の一つが航空機設計だ。三菱航空機の小型旅客機「MRJ(Mitsubishi
Regional Jet)」の機体設計にも、東北大学との協力により開発された、多目的最適化手法や、最適化の結果を可視化するデータマイニング手法が採用されている。

 本稿では、2014年5月16日に開催された東北大学 流体科学研究所 所長
大林茂氏による知の拠点セミナー(国立大学共同利用・共同研究拠点協議会主催)より、航空機設計におけるシミュレーション活用の歴史と、MRJ
の事例を中心に報告する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/11/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ1.13 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け