TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > センサー > タッチセンサー技術まとめ
技術文書

アイティメディア株式会社

タッチセンサー技術まとめ

抵抗膜方式から画像処理方式まで、各種タッチ技術の原理を紹介するとともに、機器に最適なタッチ技術とはどのようなものなのか考察する。

要約

 タッチセンサーを利用した革新的なユーザーインターフェースを備える機器が注目を集めている。そうした動きを受けて、新たなタッチ技術を取り入れた機器を設計したいと考えている方も多いだろう。

 タッチインターフェースは、1970年代初頭に発明された。それ以来、さまざまな手法が登場し、中には組み込み機器や民生用機器において成功を収めたものもあった。そして、現在でもタッチ技術の改良、発明、革新は継続して行われている。

 今日、携帯機器に実装されている主なタッチ技術は、抵抗膜(Resistive)方式と投影型静電容量(Projected Capacitive)方式の2つである。これら2つも含めて、各種方式について説明する。

・抵抗膜方式
・投影型静電容量方式
・表面型静電容量方式
・音響方式
・赤外線方式
・画像処理方式
・歪ゲージ方式
・そのほかの方式

※本資料はEDN Japanの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ783 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け