TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > 無線技術 > 急速に発展するワイヤレス給電市場とその技術動向
技術文書

アイティメディア株式会社

急速に発展するワイヤレス給電市場とその技術動向

ワイヤレス給電の市場と、MI方式、MR方式の両技術の現状について説明する

要約

 ワイヤレス給電技術については、電磁誘導(MI:Magnetic Induction)方式と磁気共鳴(MR:Magnetic Resonance)方式の2つの標準化が進められています。いずれもコンパクトに実装でき、コストを抑えられることから、民生機器市場におけるワイヤレス給電の主要な方式となっています。また、MI方式には、主流の規格と呼べるものが2つ存在します。

 本稿では、ワイヤレス給電の市場と、MI方式、MR方式の両技術の現状について説明します。

・電磁誘導(MI)方式と磁気共鳴(MR)方式
・2つのMI規格の存在に起因する短期的な課題

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.00 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け