TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 3Dプリンタ > 専門家が解説!「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」
技術文書

アイティメディア株式会社

専門家が解説!「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」

米国の調査会社Gartnerが発表した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のポイントをガートナー ジャパンの主席アナリストに聞いた。キーワードは「医療分野での利活用」。

要約

米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2015年8月下旬に、“3Dプリンティング技術”の動向に特化した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」を発表した。

先行して発表された「先進テクノロジーのハイプサイクル2015年版」の中では、「民生用3Dプリント技術(Consumer 3D Printing)」「企業向け3Dプリント技術(Enterprise 3D Printing)」「臓器移植用3Dバイオプリンティングシステム(3D Bioprinting Systems for Organ Transplant)」「ライフサイエンスR&D用3Dバイオプリンティング(3D Bioprinting for Life Science R&D)」の4つが3Dプリンタ関連技術としてフォーカスされていた。

しかし、今回の3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版の中では、3Dプリンティング全般における技術動向や適用分野が21に分類され、それぞれがハイプサイクル上にプロットされている。

本稿では、ガートナー ジャパン リサーチ部門 テクノロジ&サービス・プロバイダー セキュリティ・イメージング&プリントサービス 主席アナリストの三谷智子氏の解説を交えながら、3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版の主要ポイントについて紹介する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ1.07 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け