TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 3Dプリンタ > 3Dプリンタを単なる“製造方式の置き換え”という存在にしないためには
技術文書

アイティメディア株式会社

3Dプリンタを単なる“製造方式の置き換え”という存在にしないためには

「単なる試作機器や製造設備で終わらせないためには?」 ――今、求められる3Dプリンタの真価と進化

要約

 作られるモノ(対象)のイメージを変えないまま、従来通り、試作機器や製造設備として使っているだけでは、3Dプリンタの可能性はこれ以上広がらない。特に“カタチ”のプリントだけでなく、ITとも連動する“機能”のプリントへ歩みを進めなければ先はない。

 3Dプリンタブームが落ち着きを見せ、一般消費者も過度な期待から冷静な目で今後の動向を見守っている。

 こうした現状の中、慶應義塾大学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏は、3Dプリンタ/3Dデータの新たな利活用に向けた、次なる取り組みを着々と始めている。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ1.32 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け