TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 3Dプリンタ > 3Dプリンタの未来と課題
技術文書

アイティメディア株式会社

3Dプリンタの未来と課題

新たなモノづくりの姿を示す象徴として「3Dプリンタ」は大きなムーブメントを巻き起こしている。しかし、3Dプリンタそのものは既に1980年代からある技術で過去には夢を追いつつも突破できない壁があった。

要約

 メイカーズムーブメントに乗り、活況に沸く3Dプリンタ市場。低価格機が数多く登場したことなどから、業務用途としての利用から一般用途まで幅広い領域で、盛り上がりを見せている。

 しかし、3Dプリンタは決して新しい製品ではなく、20年以上の歴史を積み重ねてきたものだ。その間には普及に向けた何度かのチャレンジがあった。かつて研究の最前線に立っていた識者には今の3Dプリンタのムーブメントはどのように映るのだろうか。

 東大名誉教授で、現在は台湾 鴻海精密工業(フォックスコン)グループにおいて、顧問を務めているファインテック代表取締役社長の中川威雄氏に、話を聞いた。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ1.13 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け