TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAE > 風洞実験の基本、事例および利用時に見落としがちなポイントまとめ
技術文書

アイティメディア株式会社

風洞実験の基本、事例および利用時に見落としがちなポイントまとめ

風洞と最新の関連計測機器などをそろえる東北大学に、風洞の基本や利用時に見落としがちなこと、使用事例などについて話を聞いた。

要約

 風洞は流体に関わる現象を知る時に欠かせない実験施設だ。近年はコンピュータを利用したCFD(Computational Fluid Dynamics)による流体現象への取り組みが増えているが、依然として風洞実験は重要だ。

 だが大がかりな設備になるため、簡単には自前で用意できないものだ。東北大学 流体科学研究所(IFS:Institute of Fluid Science)では、世界トップクラスの風洞を一般に貸し出すとともに、利用者のサポートも行っている。また風洞に加えて衝突試験設備も提供しており、「そよ風から大気圏突入速度まで」をカバーできるのが強みだ。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2016/01/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ1010 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け