TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > その他ITソリューション > 自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜

自動車部品大手ボッシュは、どのようにソフトウェア開発に取り組んでいるのか。IBMとともに取り組んだ自動車部門全体でのアプリケーション・ライフサイクル・マネジメント(ALM)についてご紹介

要約

自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソフトウェア」が果たす役割はとても大きい。

組み込みソフトウェアは、自動車業界のイノベーションをより早く、より低コスト、より高品質に開発するための競争における重要な要素である。

こうした高度な技術によって変わりゆく開発環境に対し、自動車部品大手のボッシュはどのようなソフトウェア開発環境を構築したのか。自動車業界の現状と未来を踏まえつつ、ボッシュがIBMとともに取り組んだ自動車部門全体でのアプリケーションライフサイクルマネジメント(ALM)について紹介する。

本資料は、2014年におこなわれたボッシュの講演資料「競争力強化に貢献する技術を創出する開発環境〜先進技術を追求するBOSCHの挑戦〜」である。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/01/25
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間26ページ
ファイルサイズ1.73 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け