TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > CAE > フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用とは?
レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用とは?

設計上流でのCAE 活用における課題を解決する手段の1 つとしてのクラウド活用やデスクトップ仮想化が注目されている。クラウドやデスクトップ仮想化など新技術を設計者CAEの運用に生かせるのかを紹介する。

要約

 本コンテンツは、2015年11月に開催された【CAE カレッジ】内にて「設計上流でのCAE活用と課題」というテーマで行われたパネルディスカッションの内容紹介しているものです。

・設計者CAEとは何なのか?/何をすることなのか?
・設計者CAEのメリットと導入する上での課題
・設計者自身がCAEを使えるようにするために、よい方法やツールはあるか?
・CAEを設計初期段階(設計上流)で活用する際の課題や解決案
・設計者CAEの運用でクラウドHPCサービスを生かせるか?

 上記テーマにて、ユーザー代表でオムロンの岡田浩氏、製造業に多くの顧客を抱える伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)の井出貴臣氏、クラウドベンダーである日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)の安田智有氏がクラウドやデスクトップ仮想化など新技術を設計者CAE の運用に生かせるのか議論した内容を紹介する。

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/01/26
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ851 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け