TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > 無線技術 > 通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」
技術文書

アイティメディア株式会社

通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」

TIA の調査を通じて、5Gにおいては、用途とビジネスモデルの確立が重要であることが分かった

要約

 Telecommunications Industry Association(TIA)は、世界中の通信事業者 58 社を対象に、5G(第5世代移動通信)について調査を行った。多くの通信事業者が、5G では「完全な商用化は 2022 年以降」「けん引役は IoT」「開発と導入ではアジアがリード」と考えていることが明らかになった。

 TIA の調査を通じて、5G においては、用途とビジネスモデルの確立が重要であることが分かった。回答者の 76%はブロードバンドの高性能化が 5G を後押しすると回答した他、74%が主なけん引役としてモノのインターネット(Internet of Things)を挙げた。タッチインターネットや仮想現実といった、より具体的な使用事例は「それなりに見込まれているようだが、(IoT などに比べると)全体的に期待値は低かった」という。

※本資料はEETimes Japanの記事をまとめたブックレットです

会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/03/28
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ908 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け