TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > FA/制御システム > 産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?
技術文書

アイティメディア株式会社

産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?

産業用IoT向けに次世代通信規格「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」の標準化が進められている。

要約

 産業分野でのIoT(モノのインターネット)に対する取り組みが積極的に行われる中、標準イーサネット規格「Ethernet AVB(IEEE802.1 Audio/Video Bridging)」の拡張版である「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」(TSN)の標準化が進められている。

 TSNでは、10Gビット/秒の帯域幅や、1マイクロ秒以下の低遅延の実現を目指しており、コストや相互運用性などの面で大きなメリットをもたらす可能性を秘めている。

※本資料はEE Times Japanの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/06/28
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ750 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け