TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 製品企画/デザイン > “いいモノ”だけでは売れない時代になぜ「ネジザウルス」は大ヒットしたのか?
技術文書

アイティメディア株式会社

“いいモノ”だけでは売れない時代になぜ「ネジザウルス」は大ヒットしたのか?

累計250万丁を売り上げた大ヒット工具「ネジザウルス」。開発したのは、社員30人の工具メーカーのエンジニアだ。彼らはなぜヒット商品を生み出すことができたのか?

要約

 年間1万丁売れれば大ヒットといわれる工具業界において、2002年の発売以来、累計250万丁の販売を達成した「ネジザウルス」。

 サビついたり、ネジ頭がつぶれたりしているネジをいとも簡単に外すことができるこの商品、読者の皆さんもホームセンターなどで見掛けたことがあるのではないだろうか?

 ネジザウルスを生み出したのは、何と社員30人の中小企業だ。彼らがどのようにして大ヒット商品ネジザウルスを生み出したのか? そのノウハウを紹介する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/07/21
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ1.31 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け