TechFactory > ホワイトペーパー > キャリア > キャリアアップ > 実は似ている「ゲーム開発」と「観光業」――3Dゲーム開発の第一人者が沖縄で目指すものとは?
事例

アイティメディア株式会社

実は似ている「ゲーム開発」と「観光業」――3Dゲーム開発の第一人者が沖縄で目指すものとは?

日本の3Dゲーム開発の第一人者で、現在沖縄に拠点を構える武田政樹氏は、なぜ沖縄観光に興味を持ったのだろうか?

要約

 東京大学 工学部を卒業後、ナムコ(現在のバンダイナムコ)に入社し、3Dポリゴンを採用した日本初のレースゲーム「ウイニングラン」や、3Dレースゲームの定番「リッジレーサー」など、3Dゲームのシステム開発やプロデュースに携わってきた武田政樹氏。

 インタラクティブブレインズを2001年に創業し、ナムコの名作ゲームの携帯アプリへの移植や、3Dアバターシステムの設計/開発などを手掛けた後、2011年にインタラクティブラボラトリー沖縄を設立。現在は、AR(Augmented Reality:拡張現実)やIoTのシステム開発、3Dプリンタの活用支援など、さまざまな先端技術を沖縄に広げる取り組みを進めている。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/05
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.26 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け