TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > 無線技術 > 自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
技術文書

アイティメディア株式会社

自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?

自動車業界は、5Gをどう捉えているのだろうか。1ミリ秒以下の低遅延によって、5Gは自動車にも採用できると期待されている。しかし、実際に自動車メーカーが5Gを採用する準備を整えているかどうかは、全く別の問題だ。

要約

 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。

 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」として推進。スマートフォンだけでなく、自動車を含む「IoE(Internet of Everything:全てのインターネット)」にもネットワーク接続を拡大していきたいとする、業界全体の大きな期待が寄せられている。

 しかし、実際に自動車メーカーが5Gを採用する準備を整えているかどうかは、全く別の問題である。

※本資料はEE Times Japanの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/07
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ834 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け