TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込みソフトウェア > 人工知能が活用される産業分野はどこか?
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

人工知能が活用される産業分野はどこか?

「人工知能(AI)」が近い将来、自分たちの仕事を奪うのでは? ガートナー ジャパンが発表した意識調査の内容と、矢野経済研究所が予測する人工知能が活用される産業分野について取り上げる。また、後半ではフロスト&サリバンの調査「ヘルスケア業界における人工知能(AI)活用の展望」についても紹介する。

要約

 「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」が将来、われわれ人間の仕事(の一部)を奪うのでは? そのように考えたことのある読者も少なくないだろう。

 多くのメディアで話題となった囲碁棋士と人工知能との戦いや、自然対話型人工知能「IBM Watson」の商用利用など、最近の人工知能のめまぐるしい発展や利活用の現状をみると、期待と不安が入り交じった何とも言えない気持ちになるのも事実だ。果たして、人工知能は自分たちの仕事や社会環境にどのような効果、影響を及ぼすのだろうか。

 本記事では、ガートナー ジャパンが発表した意識調査の内容と、矢野経済研究所が予測する「人工知能が活用される産業分野」について取り上げると同時に、フロスト&サリバンの調査「ヘルスケア業界における人工知能(AI)活用の展望」を併せて紹介する。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/01/17
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ550 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け