TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込みソフトウェア > 畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network:CNN)の使い方、分かりますか?
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network:CNN)の使い方、分かりますか?

畳み込みニューラルネットワークとは何でしょうか。学問の世界から現実の世界に登場しつつあるこれは、さまざまな組み込みシステムに利用される可能性が高く、大いに関心を持つべきです。

要約

 畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Networks)とは、一体何でしょうか。

 簡単に言うとニューラルネットワークの進化における一段階で、ビジョンプロセッシング、手書き文字認識、声紋分析、ロボティクスといったアプリケーションで重要な技術になりつつあります。広範囲な組み込みシステムにて利用されてる可能性が高く、組み込みシステムの最新状況に通じていたいならば、大いに関心を持つべき事柄です。

 しかし、CNNは従来の信号処理ツールとは仕組みも設計方法もかなり異なります。そのため、その応用範囲の広さとは裏腹に、当面は汎用的な技術ではなく、特定用途向けのブラックボックスまたはフレームワークとして登場し、ユーザーであるデザインチームから複雑性の大部分が隠されることになりそうです。

 ここでは畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Networks)の概要やその内部構造、組み込みシステムへ実装すること念頭に置いた実装方法について考えていきます。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/06
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ524 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け