TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > ソフトウェアテスト/デバッグ > ソフトウェアテストのコストと品質(前編)―「テストの究極の問題」を考える
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

ソフトウェアテストのコストと品質(前編)―「テストの究極の問題」を考える

言うまでもなくソフトウェアテストは重要だが、IoTやAIなどの新しい概念によってソフトウェア自体の在り方が変わりつつある中、旧来からのテストを踏襲するだけでは成果は得られない。新時代のソフトウェアテストについて考察する。

要約

ソフトウェアテストは重用であるとの論に反論は少ないと思われ、現在はビッグデータやAI、IoTといった要素も加味せざるを得ず、ソフトウェアテストの重要性は増している。しかし、実際の製品開発現場において軽視されがちなのもまた事実である。

そこでまず着手するべきは「ソフトウェアテストの重要性」とソフトウェアテストの多いな問題である「コストと品質のバランス」を再確認し、現場のみならずマネジャー(経営層)ともその価値を共有することである。

ここでは、「テストをどこで打ち切り、コストと品質のバランスをどのように取るか」「どのようにトレードオフしていくか」についての判断材料として何が適切であるかを提示していく。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/10
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間22ページ
ファイルサイズ553 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け