TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > その他ITソリューション > 国内製造業も無視できない“サイバー犯罪”最新動向 2016
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

国内製造業も無視できない“サイバー犯罪”最新動向 2016

サイバー犯罪の“3大脅威”について、トレンドマイクロが詳しく解説する。

要約

 トレンドマイクロは、2016年11月までの最新調査データを基にした「2016年国内サイバー犯罪動向」を発表。2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きとは何か? トレンドマイクロ セキュリティエバンジェリスト 岡本勝之氏が詳細を説明した。

 本稿では、2016年の国内法人におけるサイバー犯罪の3大脅威として、(1)ランサムウェア、(2)標的型サイバー攻撃による情報漏えい、(3)公開サーバへの攻撃による情報漏えいの3つを紹介。中でも今後、国内企業をピンポイントで狙ったランサムウェアの増加には注意が必要だ。もちろん、IIoT/インダストリー4.0を背景に増えつつある“つながる工場(スマートファクトリー)”もその標的となり得る。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/15
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ1.20 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け