TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 3Dプリンタ > 性能向上や新素材開発が「3Dプリンタ」市場の成長を後押し
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

性能向上や新素材開発が「3Dプリンタ」市場の成長を後押し

矢野経済研究所が2016年12月、2017年1月に発表した世界3Dプリンタ/3Dプリント材料市場に関する調査レポートの概要を紹介する。

要約

 日本国内の3Dプリンタ市場は、“3Dプリンタブーム”の反動(期待→落胆)からコンシューマー分野を対象にした60万円以下のローエンド機種の出荷量が伸び悩んでいるものの、60万円以上の産業分野向けハイエンド機種は、試作やデザイン検証、最終製品の製造など、モノづくりの現場へ着実に浸透しつつある。

 一方、世界市場で見てみると安価なローエンド機種が出荷台数を伸ばすと同時に、ハイエンド機種も各産業分野、造形サービス事業者での導入が増加しているという。

 このような3Dプリンタ(装置)市場の成長とともに、3Dプリント材料市場も急成長が見込まれている。矢野経済研究所が2016年12月、2017年1月に発表した世界3Dプリンタ/3Dプリント材料市場に関する調査レポートの概要から、今後のトレンド/市場動向を紹介する。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/14
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ703 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け