TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込みOS > リアルタイム処理にみる、組み込み開発における仮想化のメリット
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

リアルタイム処理にみる、組み込み開発における仮想化のメリット

ハードウェアの制約が多い組み込み開発こそ、仮想化の考えを導入するべきなのかも知れません。ここでは組み込み分野における『仮想化技術』の適用イメージと、そのメリット・デメリットについて、“リアルタイム処理への応用”をテーマに解説します。

要約

 「仮想化技術」という言葉を聞くと、ほとんどの方はデスクトップPCやサーバでの利用を頭に思い描くことでしょう。しかし、仮想化技術はデスクトップPCやサーバ用途だけでなく、組み込み分野でも“十分期待されるもの”として注目されつつあります。

 仮想化技術とは「ハードウェアが1つであることをソフトウェア的に隠してしまい、論理上複数あるかのように見せ掛けることで、それぞれで異なるOSやアプリケーションを動かすことを可能にする技術」です。

 本稿ではいくつかの仮想化技術の実装方法を説明した後、組み込みに適したシステム構成を紹介しつつ、“組み込み分野の視点から見た、仮想化技術によって得られるメリット”について“リアルタイム処理への応用”をテーマに解説していきます。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/04
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ475 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け