TechFactory > ホワイトペーパー > メカ設計 > 製品企画/デザイン > 医療機器の試作と小ロット生産 〜各製造手法の長所・短所を徹底比較〜
技術文書

プロトラブズ合同会社

医療機器の試作と小ロット生産 〜各製造手法の長所・短所を徹底比較〜

医療業界向けのパーツや機器の開発は、リスクの高い困難なプロセスであり、市場投入期間と精度が成功には不可欠だ。

要約

医療機器の開発プロセスにおいては、迅速な製造により機器や部品の市場投入を加速化することが重要である。

そのためには、新しい製品の設計や材料を評価したり、必要に応じて素早く設計を繰り返し、迅速で一貫した費用効果の高い方法で、試作品作りや小ロット生産を実施できる試作メーカーを選択することが重要な要素となる。

本ホワイトペーパーでは、射出成形・CNC切削加工、3Dプリンティングの各製造手法ごとに、採用するメリット・デメリットを徹底比較する。

また、検証と妥当性確認、形状・嵌合テストを含む、製品開発およびFDA(米食品医薬品局)承認プロセスについても取り上げる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「プロトラブズ合同会社」に収集される
  • 「プロトラブズ合同会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「プロトラブズ合同会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ2.71 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け