TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > その他ITソリューション > 2つの事例で理解する工場セキュリティ対策の考え方とソリューション導入
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

2つの事例で理解する工場セキュリティ対策の考え方とソリューション導入

製造業といえども無視できないサイバー攻撃の脅威。工場内の制御機器を悪意のある攻撃から守るためには、製造業向けセキュリティソリューションの導入が有効とされる。ではどのように導入すべきか? 工場という特殊事情を加味したセキュリティソリューションの導入事例を2つ紹介しよう。

要約

 工場内で稼働する生産ラインが急に停止した――。その原因を考える際、真っ先に思い浮かぶのが物理的なハードウェア故障だろう。しかし、もしその原因が、悪意のある第三者による「サイバー攻撃」だったとしたら?

 実際、気が付かない間に工場内の制御機器がマルウェアに感染しており、トラブルを引き起こしていたという事例も報告されている。製造業にとって、生産ラインの停止は命取りになりかねない事態といえる。こうならないためにも製造業向けセキュリティソリューションを導入すべきなのだが、安定稼働を重視する工場では、気軽に新たなソリューションやソフトウェアを導入することができない特殊事情がある。

 では、どのようにして工場をサイバー攻撃の脅威から守ったらよいのか。本ブックレットでは、うまく工場セキュリティ対策を進めている企業の事例を2つ紹介し、工場セキュリティ対策の基本的な考え方と、現実的なソリューション導入のヒントを提示する。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/06
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ629 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け