TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 組み込みソフトウェア > 組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く

TechFactoryは2017年5月、製造業における「IoT時代の組み込みソフトウェア品質」に関する調査を実施した。品質向上を狙ったさまざまな施策が行われているものの、「現場に施策が追い付いていない」などの現状も明らかとなった。

要約

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では2017年5月に、製造業の設計・開発に携わる読者を対象に、「組み込みソフトウェアの品質」に関する利用動向調査を実施した。

 組み込みソフトウェアの品質については、各社にて工程標準化や部門間コミュニケーション、教育体制の構築などの施策がとられているが、アンケートにて課題を挙げてもらうと「納期が短い」といった外的要因に加えて、「技術者のスキル低下」「部門間のコミュニケーション不足」を指摘する声も挙がり、現場に施策が追い付いついていない様子が浮き彫りとなった。

 また何らかのツールで品質の確保を行うという考えは広く浸透しているが、組み込み開発という特性から「一般化されているツールでは、効果が分からない」といった意見も寄せられ、組み込みソフトウェアにおける品質確保の難しさが改めて浮き彫りになった。このほかにもアンケートではIoTセキュリティの実装状況や今後の品質保持計画についても尋ねている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間24ページ
ファイルサイズ1.43 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け