TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > デジタル半導体 > 白物家電設計におけるモータードライバICとIPM技術の最新動向
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

白物家電設計におけるモータードライバICとIPM技術の最新動向

白物家電の設計におけるモータードライバICおよび、インテリジェントパワーモジュール(IPM)技術の最新動向について解説します。

要約

 白物家電メーカーは激しい競争が続く市場において、消費者にとって自社製品をより魅力的なものにする必要があります。同時に、ENERGY STARや92/75/ECといった環境ガイドラインに従って動作音が小さく動作寿命の長い、高集積度/高エネルギー効率の機器を開発しなくてはなりません。

 ここでは、白物家電の設計におけるモータードライバーICおよびインテリジェントパワーモジュール(IPM)技術の最新動向について説明します。

※本資料はEDN Japanの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ1.43 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け