TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > 無線技術 > 計測機メーカーから見た5G(第5世代移動通信)とその現状
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

計測機メーカーから見た5G(第5世代移動通信)とその現状

5G(第5世代移動通信)は2020年の一部商用化を目指した実証実験が予定されており、要件実現に向けた活発な研究が続いている。計測機メーカーの立場から、5G実現に向けた動向を解説する。

要約

LTEから5Gへ――。スマートフォンの利用者増や大容量コンテンツの利用増大、IoTによる移動体トラフィックの急増など、移動体通信を取り巻く環境は厳しさを増している。そこでさらなる「高速化」「大容量化」「低遅延」「同時接続数増加」などを目指して開発されているのが、5G(第5世代移動通信)である。

これらの要件を満たすには既存技術の延長では難しいと考えられており、Massive MIMOやOFDM以外の変調方式、ネットワーク仮想化技術の重要性が訴えられている。技術要件と実装の橋渡しを行う計測機メーカーの立場から、5G実現を巡る現状を紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.14 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け