TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > その他ITソリューション > アナリティクス活用で意思決定を自動化――業務を効率化する8つの機能
製品資料

SAS Institute Japan株式会社

アナリティクス活用で意思決定を自動化――業務を効率化する8つの機能

日々さまざまな意思決定が行われているビジネスの世界において、ミスの少ない意思決定を行うには、正確かつ最適な情報が欠かせない。アナリティクスを活用し分析モデルを効率的に展開すると、業務上の意思決定を自動化できるという。

要約

 収益性や顧客満足度など、ビジネスの世界では、日々さまざまな業務に影響する多数の意思決定が行われている。その中で、分析モデルの展開を統合/効率化し、アナリティクスを活用して意思決定を自動化するアプローチが注目されている。これにより、業務プロセスの効率性と一貫性を実現できるという。

 また、このような体系的な意思決定は、関連する影響と依存関係の評価が容易になり、総合的な影響を「見える化」しやすくなるというメリットもある。そのため、市場条件やビジネス環境の変動などに応じた素早い対応も可能となる。

 さらに、金融機関や医療機関などの厳しい規制への準拠が求められる組織では、意思決定の文書化とトレーサビリティーを徹底することによって、コンプライアンスの実現もしやすくなる。本コンテンツでは、このようなアナリティクスを活用することのメリットを分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/26
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ273 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け