TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > FA/制御システム > もしも産業用ロボットが悪意のある第三者にハッキングされたら?
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

もしも産業用ロボットが悪意のある第三者にハッキングされたら?

産業用ロボットがサイバー攻撃を受けたら、どのような被害が想定されるだろうか? 実際にどのようなアタックが起こり得るのか、その具体例と対策について紹介する。

要約

 トレンドマイクロとミラノ工科大学は、産業用ロボットのセキュリティリスクに関する調査を実施し、その結果をレポートにまとめた。

 今回、この調査結果を踏まえ、具体的な攻撃アプローチと想定される被害内容、そして産業用ロボットの作り手側(メーカー)とユーザー側、それぞれの立場で実施できる対策方法について、トレンドマイクロの上田勇貴氏に話を聞いた。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/08/18
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ586 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け