TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > EDAツール > 「シリコンが帰ってきた」――高まる電子設計と機能検証の重要性
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

「シリコンが帰ってきた」――高まる電子設計と機能検証の重要性

現在の技術トレンドである自動運転や人工知能などはハードとソフトが密接に関係しており、その開発の困難さは増している。効率的な開発を行うための設計と機能検証はどう行うべきか。日本ケイデンスのユーザーカンファレンスより紹介する。

要約

 かつて、「これからはソフトウェアだ」と言われた時代があった。しかし、現在の技術トレンドである自動運転や人工知能、VR、IoTなどの要素はいずれもハードウェアと密接な関係を持っており、電子設計の重要性が再び脚光を浴びている。

 しかしながら設計はシリコンの微細化をはじめとしたさまざま要因によって大規模化と複雑化の一途をたどっており、そこには高品質な製品を迅速に市場投入しなければならないプレッシャーも存在するため、製造業にはより効率的な開発が求められている。

 EDAベンダーの日本ケイデンス・デザイン・システムズは2017年7月21日、ユーザーカンファレンスである「CDNLive Japan 2017」を開催。基調講演に登壇した米CadenceのAnirudh Devgan氏は「シリコンが帰ってきた」と高まる設計の重要性を歓迎しながら、効率的な開発を行うための設計および機能検証の最新状況について解説した。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/08/24
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ831 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け